• GNU 株式会社

  • コーポレート・ガバナンス
  • コンプライアンス
  • 社会貢献活動

基本的な考え方

当社は、企業としての社会的使命と責任を果たし持続的な成長と発展を実現するため、コンプライアンスを重視しつつ、経営環境の変化に迅速に対応できるトップマネジメント構造の整備及び事業執行体制の充実を推進しています。

会社の機関

取締役会

取締役会は取締役4名(うち社外取締役1名)で構成され、経営の基本方針、計画、戦略、法令で定められた事項、その他経営に関する重要事項を審議・決定するとともに、当社グループの効率的な運営とその監視監督体制の整備を行なっています。

グループ経営委員会会議

経営委員会会議は、社内取締役と当社グループ各部門の執行責任者で構成され、新規事業や投融資等に関して迅速な意思決定が可能な体制になっており、当社グループの事業計画の進捗に関する審議を行っております。また、当社グループ各部門、取締役会専決事項についても、重要なものについては事前に経営委員会会議において審議し、戦略的意思決定に係る審議の充実を図っています。

リスク管理体制の整備の状況

当社グループ全体のリスクを把握し管理するための責任部署を設置し、事業遂行プロセス、業務構造等に潜在するリスクを適切にコントロールするため、必要なリスク管理体制及び管理手法を整備し、コンプライアンスを確立しつつ、全社のリスクの顕在化を未然に防止しております。

全従業員が法令および定款に準じ職務を行う体制づくりを進めています。「取締役会規程」に則り月1回取締役会を定例開催し、取締役間の意思疎通を図るとともに相互に業務執行を監督し、法令定款違反行為を未然に防止しています。
また、GNUグループにコンプライアンスに関する所管部署・担当を設置し、内部統制・法令遵守体制の維持・向上を図っています。

CSR

「CSR」は、Corporate Social Responsibilityの略で、一般的に「企業が社会の一員として果たすべき責任」と説明されております。

GNUグループは、常にお客様に喜んでいただける企業活動を通じて、社会に信頼されるグループであり続けるためにも、経営理念並びに経営方針を具現化してまいります。

お客様に喜んでいただける誠実なグループであり続けることにより、企業としての発展を目指すとともに持続可能な社会づくりに貢献して参ります。

GNUグループのCSRとは、『社会に対する責任を果たし、信頼を高め、企業の価値を向上させること』です。

エコキャップ運動

ベルマーク運動

「すべての子どもに等しく豊かな環境で教育を受けさせたい」
という願いのもと始まったベルマーク運動。

GNUグループ社員全員でベルマークの収集活動に参加しています。

この記事は次の言語でもご覧頂けます: 英語

GNU グループ